back to home
FFXI絵日記。 のんびりマイペースで遊んでいる様子を スクリーンショットと落書きでレポート… なので恐らく攻略情報はほとんどなし(´▽`) FFXI未プレイの方にも楽しめるサイトを目指したい。
スポンサーサイト
--/--/-- <-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[スポンサー広告]
Klaudia's Adventure -- Day 1st
2006/04/12 <水>
クローディアの日記より

今日もいつもと変わらず、バストゥークで可愛くもないモーグリと顔をつき合わせて
ポストの中身と競売と、せいぜい街中で卵を配っているモーグリ
== 追記 ==
*卵の殻に書かれた文字を指定通り揃えると、つまらないものや調度品等
モーグリから何かが貰えるとのこと。卵は1日1個しかもらえず、
それ以上欲しくば(材料になる?)卵をダースでよこせ、という
またしてもモーグリのがめつさが窺えるイベント期間中。
との間を行き来する程度だと思っていたら、
遂に新しいキャラクターが増えたという報告が。

一度は種族管理の為に、倉庫増強の際は第一倉庫が
エルヴァーンからタルタルに生まれ変わる
というシャッフル計画が進行していたのだが、結局流れたらしい。
ガルカでもないのに転生を見れる機会かと期待していたのだが。
これで倉庫はエル2、ヒュム1という中途半端に偏った編成になった。

プランAが流れた代わりに、プランB実行の指示が出た。
つまり、私がバストゥークからウィンダスへ移住する、という計画である。
Adios! Bastok
ようやく住み慣れたバストゥークを離れるのには一種の感慨も覚えないではないが、
新しい土地と初めての旅に心が躍る。

今回抹消を免れたエルヴァーンから、
アレクも揃えていないのに
何故か最初の指定卵を揃えた景品、
チョコボ優待券2枚が届いた。
試乗券なら間違いなく使えるのだが、
優待券はチョコボの
ライセンスを持っていない私に
使える可能性は低い。

念の為チョコボ舎に行ってみるが、
予想通り無下に断られる

今思えば試乗券を競売で買う
という手もあったのだが、
徒歩で向かうことが決定。
もう少し口のきき方ってもんがあるでしょ?(^_^メ)
現在赤魔道士レベル3という超低レベルだが、
そこがかえって燃えるというもの。

歩きが決定すると、アレクからそれなり装備と少し無理して自作したという弓、
貰い物らしいポーション、プリズムパウダーが送られてきた。
== 追記 ==
最近アレクはフレの多大なる助けを得て、
新しいエリアにテレポで移動できるようになったり
ようやく1つだけ忍術を覚えたり、
レベルも上がってないのにランクアップしたりしたらしい。
彼女には一度喝を入れてやる必要があるかもしれない。
インビジ効果のプリズムパウダーより スニーク効果のサイレントオイルの方が
明らかに必要だと思うのだが、私より所持金の少ない彼女に
高価な買い物を要求するのも酷だろうと諦めた。

なんかマネキンみたいだし・・・
見るからにあり合わせ低レベル装備(←)
に着替えてからは、街中を歩くのが恥ずかしいので
急いでバストゥークを後にする。
== 追記 ==
少し前まで、防御力は高いが
身に付けるのには勇気の要ることで
有名なサブリガが3着位あったのだが、
(しかも全て同じ物)
アレクが分解・・・しきれず壊してしまった。
途中少しだけ戦闘をしてレベルアップ。
もう少し戦いたかったものの、
道のりは長いので控えることにした。
新しい魔法を1つ覚えられたので良しとしよう。

カメを避けてひたすら走り続け、やがて晴れやかな高地に出た。
コンシュタット高地
バストゥーク周辺とはまるで違う風景に思わず見とれてしまう。
アレクの話では凶暴な羊が出るらしいが、運良く遭遇することもなく砂漠へ。

途中、一日中日陰になっている為にコウモリが棲み付いている(コウモリは聴覚感知)
洞窟のような場所を抜けねばならず、サイレントオイルがないことを悔いたものの
アレクから受け継いだ感知範囲の野性的直感(或いは思い切りの良さ)により切り抜ける。
バルクルム砂丘
その先も多くのゴブリン(視覚感知)が戯れる砂丘を
初めて見る海に感動しつつもプリズムパウダー不使用のまま駆け、
遂に港町セルビナに到着!
そして・・・セルビナ!
白い砂とマリンブルー、漁火の美しい町だ。
暫くセルビナの町中を散策してマウラ行きの船に乗り、
起きた時の場所に一抹の不安を抱えつつも今日は船内で眠ることにする。

つづく
スポンサーサイト
[switch user] tRacK bAck: 0 coMmeNT:3
thEMa:FINALFANTASY XI - geNRe:オンラインゲーム
ComMeNT
AbouT
   by きのこ
大冒険ですな~(*´Д`*) 
がんば~(´▽`)ノ
2006/04/12(水) 23:43 | URL | #-[ EdiT]
   by すて
私も倉庫さんの一人Mizueをサンドリアからジュノに旅立たせた
時はドキドキものでした。
レベル1だし、オイルやパウダーは持っていませんでしたから。
バイオハザードで鍛えた腕が役に立ったか^^;
2006/04/13(木) 10:57 | URL | #-[ EdiT]
(*´Д`*)   by アレク
>きのこ
クローディアにとっては大冒険です(´▽`)b
でもなかなか楽しいよw
続編をお楽しみに?w

>すてさん
おお!(*´Д`*)
レベル1でジュノはなかなかの恐怖ですね・・・
まさにバイオで培ったサバイバル術が使えそうですw
2006/04/13(木) 19:50 | URL | #Ouz3qaFY[ EdiT]
poSt cOMmEnt
uRL:
ComMeNt:
PaSs:
SEcreT: LEt oNLy ALexY reAd thiS
 
tRacKbaX
TrAckbAcK URL
tRackbAx

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
"FINAL FANTASY XI" Copyright(C)2002-2006 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。